「ぴん」
手に持つ宝珠で「元気」「健康」「長寿」「幸せ」を叶えるお地蔵様

「ころ」
患うことなく「大往生」叶えるお地蔵様

『ぴんぴん』元気で健康に授かった命を大切に働き「はたをらくにする」
幸福で長生きをし、寿命が来たら煩う「患う」ことなく『ころ』と大往生で人生を終わるということです。
お参りの皆様の『ぴんころ』を願い、ぴんころ観音様を建立いたしました。

嫌な話(事)・悔しかった話(事)・笑顔をなくしてしまった話(事)・ストレスの溜まった話(事)・
人に言えない愚痴、悩み・ここでしか話せない話など何でも話してください。
あなたの嫌な話(事)を何でも聞き取り『貰い』ます。
お帰りの際には嫌な事はすべて聞き取ってもらい、忘れ物をお持ち帰りください。
忘れ物とは『笑顔』のことです。日頃忘れてしまった聞き取り地蔵尊のような笑顔『微笑み』をお持ち帰りください。
毎日の中で一番無駄に過ごした日は、笑顔を忘れた日である。
皆様の幸福な笑顔を願い建立しました。